結婚相談所ランキング

結婚相談所のことなら任せてください

トップページ » 結婚相談所の利用法

最初の2、3ヶ月で勝負する

結婚相談所に入会してまず心がけておきたいのが、結婚までの目標期間を設定することです。だいたい1年以内で結婚したい、半年以内にお相手を見つけるぞ、といったことでかまいません。

「そんなに早く見つけられないよ」と思われるかもしれませんが、実は無事に成婚を決めるには、入会して2、3ヶ月が勝負、と言われているのです。この間は紹介してもらう人の数も多いですし、相手からの問い合わせも最も多くもらいます。このタイミングを逃さずに、しっかりとパートナーを見つけましょう。

アドヴァイザーは有効に使おう

だいたいどこの結婚相談所でも、担当のアドヴァイザーやカウンセラーといった人がつきます。この人たちを積極的に利用しましょう。

お相手をマッチングしてもらうのはもちろんですが、例えばデートが上手くいかなかった時など、何が悪かったのか相談したり、服装や見た目のチェックなど第三者の視線でアドバイスをもらったりと、様々なサポートが期待できます。そのためにも相性の良い、何でも話せる担当者が理想です。ですから、相談所への入会を検討する際には、担当者との相性もチェックして選ぶようにしましょう。

婚活スタイルは参加者の性質を現す

現代の結婚相談所は昔ながらの仲人スタイルの他にも、パーティやイヴェント形式など様々なスタイルを取り入れています。そのスタイルによって、参加者の年齢層や傾向も微妙に異なってきます。

例えば、パーティ形式では比較的年齢層の若い、積極的なタイプの人が多い、などです。ですから、自分の希望する年齢層や性向の方が多く参加しそうな形式に、自分も積極的に出てみましょう。やはり、自分が求めるタイプの方が多い方が、婚活にも力が入る、というものです。様々な面からとことん活用して、幸せな結婚を一日も早く成功させましょう。

まとめ

結婚相談所を上手に利用して、一日も早い成婚につなげるために、いくつか注意しましょう。一つは結婚までの期間を決める、あと一つは担当のアドヴァイザーを有効に活用する、最後は自分の求めるタイプが多く参加しそうな婚活スタイルに、自分も積極的に参加する、ということです。とことん活用して、幸せな結婚につなげましょう。

資料一括請求サービス